5th thailand visit 11/12
16 nov. 2005

□ returns to bangkok □
朝早くナコンサワンを出発しバンコクへ向かう
フライトは明日の朝だが
今日は一日バンコクの釣り堀で遊ぶ予定である
まずはバンコク郊外にあるバラボリへ

a0110205_1742258.jpg
ドラグアーマで6kgぐらい

釣り堀だから釣れて当たり前だが
スレている池ではまったく釣れない
スレてない池でやるとワンキャストワンヒット

a0110205_1743846.jpg
ドラグアーマで6.5kgぐらい

かけてはばらし
ばらしてはかけ

a0110205_1745035.jpg
ドラグアーマで7kgぐらい

飛ぶわ跳ねるわ潜るわ走るわ‥‥‥
いや
実に面白い魚である

a0110205_175102.jpg
チヌークで今回最大魚=8kgぐらい(ブンサムランオーナー測り)

10尾かけて6匹ばらす
それにしてもこのスピードとパワー
頭の中が真っ白になる
いっぺんやったら止められない‥‥‥


休む間もなくブンサムランへ
ここはプラーブック(メコン大ナマズ)が釣れる唯一の釣り堀だ
プラーブックは残念なことにルアーは食わない
食パンの耳を食うのだ
あまり好きな釣りではないが
なにしろ相手はメコン大ナマズである
手段を選んでいる場合ではない
ゲテモノ釣り師として
せめて一匹はメコン大ナマズを釣っておきたいのである

□ mekong large fresh-water catfish □
最初に釣れたのはナマズではなくプラーニン

a0110205_1752499.jpg
タイではテラピアの仲間を総じてプラーニンと呼ぶ

3年前に初めてここにきたとき
置き竿にしてビールを飲んでいるスキに
パンの耳をくわえたプラーブックに貸し竿を池の中に引きずり込まれ
罰金3000バーツ取られたのだ
今回は注意深くスプールをフリーにしておく
‥‥‥と
「ジジジジジジ」とクリック音が鳴る
竿を構えて大合わせ
意外と楽に寄ってくるなと思ったら
プラーブックではなくプラーサワイだった

a0110205_1754075.jpg

気を取り直して釣り続ける
「ジジジジジジ」
竿を構えて大合わせ
「ブッチン」‥‥‥?
ラインブレイクだ
チヌサスペンド30LBが簡単に切られる
さらに数回切られる
堪りかねてラインを12号ナイロン通しに換える

今度は切られず足元まで寄ってくる
しかし
ここからが大変だ
釣り座の桟橋の下に潜られるのだ
桟橋を支えている柱に巻かれるとジ・エンド
なんとか潜り込まれないようにがんばるが
いかんせん竿が柔らかい
立て続けに桟橋の下に潜らればらす
メーターオーバーはとても止められない
小型でいいから一匹釣りたい

やっと一匹取り込めた‥‥‥と思ったら
サイズアップしたプラーサワイだった

a0110205_1755174.jpg
サワイなら手持ちのタックルでじゅうぶん取り込める

プラーサワイのパワーが1とすれば
プラーブックは5〜10
いやそれ以上かもしれない
ケタはずれのパワーだ

とりあえず一匹釣り上げるまで‥‥‥と
夜の9時までやるが
結局9匹ばらしてゲームオーバー
全身筋肉痛になっただけで終わってしまった
またいつの日か


NEXT >

































[PR]
by angling_net | 2007-08-31 17:09 | タイの釣り


<< 5th thailand vi... 5th thailand vi... >>