はうりんうるふ
Howlin' Wolf

a0110205_0182322.jpg■Howlin' Wolf (Chester Arthur Burnett)
■1910.6.10 ~ 1976.1.10

ミシシッピ州ルールビルに生まれる。
少年時代は父親が所有する土地での農作業に明け暮れる。
音楽そのものに興味がなかった18歳のウルフを、ブルースの世界へ引き込んだのは40代半ばになっていたチャーリーパットン。パットン特有の荒々しいヴォーカルとギターのスタイルはウルフによって受け継がれる。
その後シカゴでマディウォーターズに対抗するブルースバンドを結成し1950年代に一世を風靡する。1976年死亡。

ハウリンウルフを聴いていると、唸り声の向こうからブルースの本質が見えてくる。それは決して綺麗なものではない。コンクリートの壁めがけて、何かを投げつけたくなるような日常の苛立ちや不満、ウルフは死ぬまでこの苛立ちと不満をレコード盤にぶち込んできた。穏やかでいることがどういうことか、とうとう知らないまま‥‥‥あの世へ旅立った。気の毒と言えば気の毒だが、これがウルフの「売り」であったのだから本人はけっこう満足していたのかも知れない。

<< ひふへほ

[PR]
by angling_net | 2008-02-20 00:18 | 辞書


<< ふくいちや ほそみしょちょう >>