寂蓮法師の言い訳
a0110205_059469.jpg
竹が弧を描く



坊主には必ず理由がある
なるべくしてなる坊主もあれば
劇的な不運に見舞われた結果の坊主もある
いずれにしろ坊主は坊主だ
救われない

未明
淡路島の稜線を走りながら
四国の真上に浮かぶ満月を眺めていた
月は煌々と瀬戸内の海を照らしていた
現実離れした幻想的な景色に
ボクは酔いそうになった

今切川の堤に車を停めた頃
月はようやく西の山陰に身を沈めていった
ジャンキー内藤はすでに到着していた

秋晴れである
非の打ち所のない完ぺきな秋晴れである

 「バスは低気圧を釣れ」

まず言い訳をひとつしておこう
バス釣りの常識として
今日みたいな気圧の高い日は
魚の活性を下げる
つまり
釣れないのである

台風の影響
濁りが残っている
苦い雨水が川に流れ込んでいる
これもバスの活性を下げる立派な一因だ

水温15.5℃
悪くはない
悪くはないが
この数日で急に下がっている
下がった15℃は良くない
理に適った言い訳だ

言い訳を探せばいくらでも出てくる
この日持ってきた道具
例えばファントムPPB561MLというロッド
ボクの釣りには硬すぎた
それに組み合わせたゼニスのグリップ
トリガー横の出っ張りが邪魔で非常に投げにくい
マツモトーイのダイレクトドライブリール
パーミングするたびにメカニカルブレーキのダイヤルに掌が触れるて
少しづつ設定位置が変わってしまう
そのリールに巻いたジャストロンというライン
非常にクセが付きやすい
などなど
坊主の言い訳は山ほどある

しかし
言い訳をしているうちは
人間は大きくなれない‥‥‥
わかってはいる

a0110205_0591939.jpg


こんな日は
朝から晩までやったって
チャンスは一度か二度しかない
そのチャンスをモノにするか否かは釣り人のウデだ
集中力と忍耐力が問われる

一年半振りの944で
ボクはこの川の釣り方をすっかり忘れてしまっていた
ボートからの釣りそのものを忘れてしまっていた
フロータの釣りとの距離感の違い
ロッド操作の違い
あきらかに戸惑っていた
しかし
それは情けない言い訳だ
トップでバスを釣るのに
フロータもボートもない

二十年前
ボクはバス釣りの天才だった
世界中の誰よりも優秀なトップウォータプラッガーだと自負していた
少なくとも自分ではそう思っていた

しかし
それは大きな間違いだった
二十年前のバスはとてつもなくイージーだった
だれでも簡単に釣れた
ボクのようなヘタクソでも簡単に釣れたのだ
しかし今のバスはちがう
まったく別の魚だと言っても過言ではない


結果は
惨敗だった

久しぶりの944で
ボクの老体はガタガタだ
肩も腰も腕も手首もガタガタだ
もうしばらくバス釣りはしたくない
というぐらいひどい有様だ

それでもまたここへ帰ってこよう
一匹も釣れなくても
またここへ帰ってこよう
何故なら
ここでジャンキー内藤とプラグを投げるのが
本当に面白いからだ
たとえ坊主になったとしても
また上手な言い訳を考えればいいじゃないか


a0110205_0593118.jpg

日は沈んだ

東の空には
朝見たまるい月が
赤あかと浮かんでいた
水面に秋の夕暮れが滲んでいた

振り返ると
冬の足音がすぐそこまで迫っていた



The excuse of Jackrain Hosi.
2004.10.28 ikasas ikuy




<<< top water bassin'










































































'
[PR]
by angling_net | 2009-08-04 01:13 | 水面バス釣り


<< 寂蓮法師の復活 雨にぬれても >>